緊急手術にて救命しえた慢性特発性大腸偽性腸閉塞症の1例 A Case of Chronic Idiopathic Colonic Pseudoobstruction Whose Life was Saved by Emergency Subtotal Colectomy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

呼吸困難が出現し緊急手術にて救命しえた慢性特発性大腸偽性腸閉塞症の1例を経験したので報告する. 症例は60歳男性. 以前より便秘にて近医通院中であった. 腸閉塞症状が出現し近医入院, 保存的加療を行うも増悪するため当院緊急入院となった. 腹部は著明に膨満し, 腸雑音は消失していた. 徐々に内視鏡的ガス抜きを施行するも腹部膨満の増悪と呼吸障害が出現, 全身状態が悪化, 緊急手術を施行した. 大腸は盲腸から直腸まで著明に拡張し, とくにS状結腸に顕著であった. 大腸亜全摘術, 回腸人工肛門造設術を施行した. 術翌日には呼吸状態, 循環動態ともに改善し, 術後1年以上経過した現在特記すべき障害は認めていない.<br>本症は腸管に器質的閉塞・狭窄や原因となる基礎疾患がないにもかかわらず, 大腸のみに腸閉塞様の症状を繰り返す疾患であるが, 保存的加療抵抗性の場合には外科的切除術も治療の選択肢の一つにあげるべきであると考えられた.

We discuss a case of surgically treated chronic idiopathic pseuodoobstruction (CICP).<br>A 60-year-old man was admitted to the hospital with complaints of constipation and abdominal fullness. On admission, physical examination disclosed severe abdominal distention, no abdominal tenderness and loss of bowel. Conservative therapy was started, but he developed hypotension, respiratory failure, and hyperventilation. Emergency operation including subtotal colectomy and ileostomy was performed, because the total colon was significantly distended. The post-operative course was good.<br>CICP is characterized by massive dilatation of the colon without any organic obstruction. In Japan, few reports have been reviewed. The etiology of this disease is unknown and is an isolated condition rather than a part of chronic intestinal tract. Either total or subtotal colectomy is required when conservative management, such as colonic decompression or medical management, fails.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 60(1), 33-37, 2007-01-10 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018812622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ