腸閉塞にて発症した直腸子宮内膜症の1手術例 A Surgical Case of Obstructive Ileus Caused by Rectal Endometriosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は35歳, 女性. 子宮内膜症で婦人科に通院中であり, 月経前に便秘が出現していた. 腹部膨満が出現したため入院となり, 大腸イレウスと診断された. 保存的治療を開始したが改善せず, 手術の方針となった. 直腸に手拳大の腫瘤性病変を認め, ハルトマン手術とした. 切除標本の病理組織学的検査で直腸子宮内膜症と確定診断された.<br>大腸の子宮内膜症による腸閉塞の本邦報告は過去に38例のみであったが, 子宮内膜症の既往のある性成熟期の女性で, この疾患の可能性を念頭に置き, 月経に随伴する症状の詳細な聴取を行うことが必要である.

A 35-year-old woman had been an outpatient in the department of gynecology for the treatment of endometriosis. She had developed constipation before menstruation. She was admitted to the hospital with abdominal distension. Obstruction at the large intestine was determined. Since conservative therapy was not effective, we decided to operate for ileus. We found a mass, the size of a fist, in the rectum, and Hartmann's operation was performed. Pathohistological examination showed rectal endometriosis.<br>Only 38 reports of ileus caused by endometriosis of the large intestine have been reported in Japan in the past. In the case of a mature woman with a history of endometriosis, this disease should be taken into consideration, and it is necessary to ask about the symptoms of menstruation in detail.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 60(1), 49-53, 2007-01-10 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  41件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018812679
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ