2症例から細菌学的に同定された Mycobacterium heckeshornense について MICROBIOLOGICALLY IDENTIFIED ISOLATES OF MYCOBACTERIUM HECKESHORNENSE IN TWO PATIENTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鹿住 祐子 KAZUMI Yuko
    • 結核予防会結核研究所抗酸菌レファレンスセンター Mycobacterium Reference Center, Research Institute of Tuberculosis, Japan Anti-Tuberculosis Association (JATA)
    • 菅原 勇 SUGAWARA Isamu
    • 結核予防会結核研究所抗酸菌レファレンスセンター Mycobacterium Reference Center, Research Institute of Tuberculosis, Japan Anti-Tuberculosis Association (JATA)
    • 和田 雅子 [他] WADA Masako
    • 結核予防会研究部 Mycobacterium Reference Center, Research Institute of Tuberculosis, Japan Anti-Tuberculosis Association (JATA)

抄録

〔目的〕51歳女性(症例1)と72歳男性(症例2)の喀痰から検出された抗酸菌を同定する。〔対象および方法〕症例1の患者は1986年から1990年の間に喀疾の塗抹(抗酸性染色)陽性培養陰性が16回あり培養陽性が4回あった。このうち2株が従来法にて<I>M.xenopi</I>-likeと同定され,-80℃ にて保存された。症例2の患者はじん肺患者で,2003年に定期検査の喀痰から抗酸菌が分離され当研究所に同定依頼があった。これら2症例2株において同定試験として16SrRNA遺伝子・<I>rpoB</I>遺伝子のシークエンスと従来法が行われた。〔結果・考察〕2株とも遺伝子検査によって<I>M.heckeshomense</I>と同定され,従来法にて確認された。発育に4週間かかる遅発育菌で,コロニーは暗所培養にて黄色に着色するScotochromogenであった。<I>M.heckeshomense</I>を遺伝子学的に類似している<I>M.xenopi</I>から分けるために16SrRNA遺伝子と<I>rpoB</I>遺伝子のシークエンス,そしてアリルスルファターゼ法が有用であった。ヒトへの病原性は不明であるが,症例1は排菌期間が長いため患者への影響は否定できない。塗抹陽性培養陰性の結果が得られたときは検体処理方法の改善が望まれる。

[Purpose] To identify mycobacteria isolated from sputa of a 51-year-old female and a 72-year-old male patient with pneumoconiosis.<BR>[Object and method] Mycobacteria species were isolated from sputa of a 51-year-old female. The culture was always negative in spite of positive smears before the final isolation in 1988. A 72-year-old male patient suffered from pneumoconiosis and the acid-fast bacillus was isolated by routine sputum examination in 2003. These two strains of acid-fast bacilli were identified as <I>Mycobacterium heckeshornense</I> by partial sequencing of 16S rRNA and <I>rpoB</I> and conventional methods (biochemical and routine culture methods).<BR>[Result] These two strains grew on 1 % Ogawa's slant medium at 37° C and 42° C, but not at 28° C. They formed yellowish colonies in the dark (Scotochromogen). They were classified as a slowly growing Mycobacteria. As it was difficult to distinguish <I>M. heckeshornense</I> from <I>M. xenopi</I> by conventional methods including growth rate, temperature range of mycobacterial growth, light coloration reaction, biochemical and biological tests, virulence using guinea pigs and drug susceptibility test were further explored. Finally two were identified as M. heckeshornense by summing of these results.<BR>[Conclusion] Mycobacteria species that grow at 42° C for four weeks, imply <I>M. xenopi</I> with a DDH method. It is essential to perform both sequencing of 16S rRNA and <I>rpoB</I> gene and a biochemical method for the purpose of distinguishing <I>M. heckeshornense</I> from <I>M. xenopi</I>.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(10), 603-607, 2006-10-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018812756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8544348
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ