超高齢者高血圧の血圧管理の意義と方策 Antihypertensive therapy in very-old patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

超高齢化社会への突入によって, 高血圧を有する超高齢者の人口が増加している. 近年行われた超高齢者のメタアナリシスでは, 心血管死亡は有意に抑制できなかったものの, 脳卒中は34%, 心事故22%, 心不全39%の有意な発症抑制が認められている. また超高齢者ではある程度の認知障害は避け得ないと考えられるが, 近年のデータからは降圧療法による認知症の進行予防も期待できる. すなわち超高齢者においても降圧速度は緩やかではあるが充分な降圧を行うことが, 生活の質の維持からも重要と考えられる. 高血圧を有する超高齢者の人生の最終ステージが実りある幸福なものになるよう全人医療を行うことが重要である.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌  

    日本老年医学会雑誌 43(6), 697-699, 2006-11-25 

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018813413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    8615310
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ