我が国の高齢者医療・介護の行方を決めるものは医療環境の動向である(Con)(介護福祉の動向から) The combination of "Careworks" insurance plan integrated with medical and long-term care insurance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 住居 広士 SUMII Hiroshi
    • 県立広島大学保健福祉学部人間福祉学科 Prefectural University of Hiroshima, Department of Health and Welfare

抄録

日本の保健医療福祉は, 21世紀に向けて医療保険と介護保険という2大社会保険を基軸に再構築された. 急性期の医療から慢性期の介護へと役割が分化している. それぞれの保険給付は, 原則として連帯することなく単独別個の適用による保険分担契約上の責任を負う共同保険になっている. 老人保健制度が, 2008年度から医療保険を支える再保険として, 高齢者医療制度に転換された. 医療生活環境である療養病床は, 平成23年度までに医療療養型は半減し, 介護療養型を廃止することが策定された. 介護保険法第20条 (他の法令による給付との調整) により, 原則として介護保険の給付が優先し, 医療保険からは介護保険の給付に相当するものは行われない. 急性期の医療が必要となった場合には, 医療保険に移ってから保険給付を受けることになる. 日本の介護保険は, 保健医療福祉から独立した制度であり, 新介護保険の目的が自立支援から尊厳の保持となり, 保健医療福祉に医療介護を生み出すセーフテイネットとなる.

The social security system in Japan was greatly revolutionized when the long-term care insurance plan began in April 2000. Thus, Japan began the 21st century with two great social insurance plans, that is, medical care insurance and long-term care insurance. Each delivery system is divided: the medical care insurance plan is for the acute stage, and the long-term care is for the chronic stage. Both systems can be intended to cooperate to provide continuous care throughout life. The public health and welfare system has been trying hard to efficiently integrate the medical and long-term care insurance plans. However, it is necessary to establish a new insurance plan for ensuring the integrated adequacy of both insurance systems.One's life is destined to shift from medical care to long-term care at some point. As one ages or becomes disabled, it becomes difficult to lead an independent life with self-decision, and social support become necessary from third parties, instead of from the family or from one's own means. The society imposes the responsibility of payment of the medical and long-term care plan premiums on the individual throughout life. However, the structure of these insurance foundations should be combined under an integrated system, "Careworks", in order to also combine the concepts of length of life from the medicine and the respect of living from the long-term case to improve the social security of the life.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 43(6), 730-733, 2006-11-25

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    住居広士編著

    介護保険入門書-介護保障を支援するために, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    荒川義子

    介護保険時代の医療福祉総合ガイドブック, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    ミネルヴァ書房編集部

    社会福祉小六法2006, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    社会保障制度審議会

    社会保障制度に関する勧告, 1950

    被引用文献1件

  • <no title>

    内閣府

    社会保障体制の再構築に関する勧告-安心して暮らせる21世紀の社会を目指して-, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    堀田一吉

    保険理論と保険政策-原理と機能-, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士編著

    見てよくわかるリハビリテーション介護技術, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士

    医療介護とは何か-医療と介護の共同保険時代, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    國定美香

    介護福祉概論, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士翻訳

    マネジドケアとは何か-社会保障における市場原理の開放と統制, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    BALDOR Robert. A.

    Managed Care made simpleBlackwell, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士編訳

    アメリカ社会保障の光と陰-マネジドケアから介護, NPOまで, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    ACHENBAUM W. Andrew

    Social Security-Visions and Revisions, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    近藤正彦

    現代保険学, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士

    要介護認定とは何か, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    坂本忠次

    介護保険の経済と財政-新時代の介護保険のあり方, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    太田貞司

    介護福祉思想の探求, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    住居広士

    介護モデルの理論と実践-介護保険総合研究, 1998

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018813504
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    8615485
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ