虚弱高齢者の身体活動セルフ・エフィカシー尺度の開発 Development of a rating scale for self-efficacy of physical activity in frail elderly people

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的: 介護予防事業の対象となる虚弱高齢者のための身体活動セルフ・エフィカシー (身体活動SE) 尺度はない. そこで本研究は, 1) 虚弱高齢者向け身体活動SE尺度を作成し評価する, 2) その尺度で虚弱高齢者の身体活動SEを評価し, 年齢, 性別, 活動能力との関係を調査することを目的とした. 方法: 対象は地域在住高齢者187例であった. 身体活動SEは,「歩行」,「階段昇り」,「重量物挙上」の3項目の加構成とした. 対象者の内100例に対し身体活動SEの再検査を行った. 身体活動SE, 身体機能 (通常歩行速度, 最大歩行速度, 膝伸展筋力, 握力), 老研式活動能力指標 (老研式) を評価し, 検査・再検査法, α係数にて信頼性, 外的基準としての身体機能との相関分析, 因子分析により妥当性を検証した. 前期・後期高齢者の年代層別, 性別による身体活動SEの相違, 老研式の下位尺度について単相関係数を求めた. 結果: 検査・再検査による相関係数と,α係数は, 歩行 (r=.72, P<.01,α=.82), 階段昇り (r=80, P<.01,α=.90), 重量物挙上 (r=.60, P<.01,α=.78) であり, 信頼性が確認された. 身体機能と身体活動SEは, 全ての項目で有意 (P<.01) な相関を得た. また因子分析では3因子が抽出された. 年齢層別の比較において,「重量物挙上」のみ前期高齢者が有意 (P<.05) に高く, 性別の比較では, 全ての項目で男性が有意 (P<.01~.05) に高値であった. また老研式との関係では,「歩行」項目と「手段的自立」「知的能動性」「社会的役割」,「階段昇り」項目と「手段的自立」「知的能動性」に有意 (P<.01~.05) な相関が認められた. 結論: 虚弱高齢者の身体活動SE尺度の有用性が示唆された. 今後, 虚弱高齢者に対する身体機能やQOL改善のための方策を考える際に身体活動SEを導入し, 身体機能, QOLの改善との関係について検討する必要がある.

Aim: The purpose of the present study was to 1) development the scale of the self-efficacy of physical activity in frail elderly people (SEPAF), 2) investigate the relationship of physical functions and instrumental activity of daily living (IADL).Methods: The study included 187 community-dwelling elderly people. Subject's SEPAF (walking, stair-climbing, lifting a weight), physical functions (usual gait speed, maximum gait speed, knee extension muscle strength, hand grip) and IADL according to the Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology Index of Competence (TMIG Index of Competence) were measured. The reliability of this scale was examined using Cronbach's α, and test-retest correlation. The criterion-related validity and the construct validity were evaluated relatively using physical functions and factor analysis. The score was compared between young-old and old-old and gender. The correlation between SEPAF and TMIG Index of Competence was examined.Results: Cronbach's α showing internal consistency for these scales were 0.78-0.82. The score showed significant differences in gender and age group. There were significant relationships between SEPAF and physical functions, and the TMIG Index of Competence.Conclusion: The SEPAF was shown to be highly reliable. Few scale for frail elderly people exist, and it is useful to assess the self-efficacy of physical activities in frail and community-dwelling elderly people.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌  

    日本老年医学会雑誌 43(6), 761-768, 2006-11-25 

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018813603
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    8615611
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ