地域在宅高齢者における認知機能の縦断変化の関連要因 : 要介護予防のための包括的健診(「お達者健診」)についての研究 Correlates of change in cognitive function during a two-year follow-up period in a comprehensive health examination for the community-dwelling elderly for the prevention of geriatric syndromes and bed-ridden state

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩佐 一 IWASA Hajime
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 鈴木 隆雄 SUZUKI Takao
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 吉田 祐子 [他] YOSHIDA Yuko
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 權 珍嬉 KWON Jinhee
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 吉田 英世 YOSHIDA Hideyo
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 金 憲経 KIM Hunkyung
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
    • 杉浦 美穂 SUGIURA Miho
    • 東京都老人総合研究所自立促進と介護予防研究チーム Research Team for Promotion Independence of the Elderly, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology

抄録

目的:地域在宅高齢者における認知機能の縦断変化の実態把握ならびにその関連要因の探索を目的とした. 方法: 地域在宅高齢者を対象として実施した包括的健診 (「お達者健診」) におけるベースライン調査, 2年後の追跡調査の両方に参加し, データが完備した者482名 (男性260名, 女性222名, ベースライン調査時点における年齢範囲70歳~84歳) を分析の対象とした. 目的変数として「認知機能の縦断変化」(追跡調査時点における Mini-Mental State Examination [MMSE]総得点からベースライン調査時点におけるそれを減じて算出した; 正の値は2年間におけるMMSE得点の上昇を, 負の値はその低下を示す) を, 説明変数としてベースライン調査時点における年齢, 教育歴, 聴覚機能障害, 視覚機能障害, 高次生活機能障害, 記憶愁訴, 一人暮らし, 血色素量を, 調整変数としてベースライン調査時点におけるMMSE総得点, うつ傾向, 高血圧・脳卒中・糖尿病既往を, それぞれ医学検診ならびに面接聞き取り調査において測定した. 結果: 重回帰分析を性別に行った結果, 男性では, 年齢 (標準偏回帰係数 (β)=-0.18), 聴覚機能障害 (β=-0.21), 高次生活機能障害 (β=-0.15), 記憶愁訴 (β=-0.20) において, 女性では, 年齢 (β=-0.27), 低教育歴 (β=-0.25), 血色素量 (β=0.16) においてそれぞれ認知機能の縦断変化に対する有意な寄与が交絡因子の影響を調整してもなお認められた. 結論: 男性では, 年齢が高い者ほど, 聴覚機能障害が有る者ほど, 高次生活機能障害が有る者ほど, 記憶愁訴が有る者ほど, 女性では, 年齢が高い者ほど, 教育歴が低い者ほど, 血色素量が低い者ほど, 認知機能が低下することが示された. これらの関連要因は, 地域在宅高齢者における認知機能低下の早期発見に有用であることが示唆された.

Purpose: We explored correlates of change in cognitive function during a two-year follow-up period among the community-dwelling elderly in Japan, using a population-based prospective approach.Method: The participants analyzed in the present study were 260 men and 222 women aged 70 to 84 years at baseline, living in an urban Japanese community. Data such as change in cognitive function during two years (calculated by subtracting baseline Mini-Mental State Examination [MMSE] score from follow-up MMSE score: a negative value means a decrease in MMSE scores during the two-year period) as an outcome variable, age, education, hearing and vision problems, IADL deficit (measured by the Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology of Index of Competence), problems related to memory complaint, living alone, hemoglobin level, as explanatory variables, and the baseline MMSE score, depressive status (measured by the Mini-International Neuropsychiatric Interview), chronic conditions (hypertension, stroke, and diabetes mellitus) as covariates, were collected during a comprehensive health examination survey for the elderly.Results and Conclusion: We conducted multivariate regression analysis by genders to explore correlates of change in cognitive function. The results showed that higher age (β=-0.18), presence of hearing problem (β=-0.21), presence of IADL deficit (β=-0.15), and memory complaint (β=-0.20) in men, and higher age (β=-0.27), low education level (β=-0.25) and lower hemoglobin level (β=0.16) in women, were significantly associated with change in cognitive function when adjusting for the potential confounders. These factors may be reliable predictors for cognitive decline.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌  

    日本老年医学会雑誌 43(6), 773-780, 2006-11-25 

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018813629
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    8615654
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ