地域在住高齢者の身体機能と高齢者筋力向上トレーニングによる身体機能改善効果との関係 The evaluation of the relationships between physical factors and effects of exercise intervention on physical functions in community-dwelling older people

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大渕 修一 OBUCHI Shuichi
    • 東京都老人総合研究所介護予防緊急対策室 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology, Department for Prevention of Dependence on Long-term Care
    • 小島 基永 [他] KOJIMA Motonaga
    • 東京都老人総合研究所介護予防緊急対策室 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology, Department for Prevention of Dependence on Long-term Care
    • 松本 侑子 MATUMOTO Yuko
    • 東京都老人総合研究所介護予防緊急対策室 Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology, Department for Prevention of Dependence on Long-term Care

抄録

目的: 本研究は, 地域在住高齢者の介入前の身体機能レベルと運動介入による身体機能改善効果との関係を明らかにすることを目的とした. 方法: 対象は東京都内の7つの自治体の地域在住高齢者276名 (平均年齢75.3±6.5歳) であった. 個別評価に基づいて高負荷筋力増強トレーニングとバランストレーニング等を組み合わせた包括的な運動トレーニングを3ヵ月間行った. 運動介入の前後に最大歩行速度, Timed Up and Go, 開眼・閉眼片足立ち時間, ファンクショナルリーチ, 筋力, 長座位体前屈などの身体機能測定を行い, 各体力要素の改善効果と初期の身体機能レベルとの関係を検討した. 結果: 対象者の運動介入前の平均最大歩行速度は85.8±30.6m/分と虚弱な対象であったが, トレーニングの脱落率は8.0%と低値であった. トレーニング後, 閉眼片足立ちを除き, すべての身体機能において有意な改善を認めた (P<.01). 最大歩行速度の変化量以外, 身体機能の変化量・変化率は, 初期の身体機能レベルと負の相関を示した(|r|=.20~.59, P<.01). また, 重回帰分析の結果, 各身体機能の変化量を説明する変数として複数の身体機能要素が抽出された. 結論: 虚弱高齢者を含んだ対象への運動介入の結果, 身体機能レベルが低い者ほど, 身体機能改善効果が高いことが示された. 適切な対象を選択することがトレーニングの効果を高める重要な点であることが示唆される. トレーニングの対象をより明確にして介入を加える, いわゆるハイリスクアプローチが有効であると考えることができる.

Aim: It is necessary to determine the effect of exercise on each individual in order to target a person for an exercise regimen intended to prevent specific health defects in the elderly. The purpose of this study was to evaluate the relationship between physical conditions and changes in functional measurements after exercise intervention.Methods: Two hundred seventy-six subjects aged 60 years and older practiced exercise intervention for three months. The measurements were maximal walking speed, one-leg standing with eyes opened or closed, functional reach test, timed up and go test, sit and reach, handgrip strength, and knee extensor strength. We evaluated the associations between physical measurements and changes in functional measurements.Results: Except for one-leg standing with eyes closed, all measurements of physical function were significantly improved after exercise intervention. The changes in functional measurements showed significant negative correlations with the initial physical performance measurements, except for maximal walking velocity.Conclusions: These results provided valuable information on more effective strategies for improving or maintaining physical functions of community-dwelling older people. Comprehensive approaches that adapt the methods of training to the fitness level of each subject are needed to effectively improve the physical function of older people.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌  

    日本老年医学会雑誌 43(6), 781-788, 2006-11-25 

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  11件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018813663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    8615673
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ