GERD(逆流性食道炎)に対する内視鏡的治療 ENDOLUMINAL THERAPIES FOR REFLUX ESOPHAGITIS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 樋口 和秀 HIGUCHI Kazuhide
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 岡崎 博俊 OKAZAKI Hirotoshi
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 田渕 真彦 TABUCHI Masahiko
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 斯波 将次 SHIBA Masatsugu
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 渡辺 俊雄 WATANABE Toshio
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 富永 和作 TOMINAGA Kazunari
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 藤原 靖弘 FUJIWARA Yasuhiro
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine
    • 荒川 哲男 ARAKAWA Tetsuo
    • 大阪市立大学大学院 消化器器官制御内科学・内視鏡センター Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine

抄録

 逆流性食道炎の治療のFirst choiceは,薬物治療であるが,半永久的に内服し続けなければならない.そこで,考え出されてきたのが,内視鏡をつかったEndoluminal Techniqueで逆流性食道炎を治療しようとする試みであり,欧米を中心として盛んに行われつつある.方法としては,縫合法,焼灼法,局注法の三種類があり,本邦においては,縫合法,焼灼法が導入されている.手術に比較して低侵襲であること,再治療が可能であることをモットーとし,臨床応用され,約50~70%の患者は薬物治療から離脱できており,画期的なことである.今後は,長期予後が課題とされており,さらなる工夫が必要と考えられる.

Gastroesophageal reflux disease is a common medical condition that typically requires lifelong medical therapy or surgery for the management of patients with frequent symptoms. The standard of care for patients with GERD is to begin treatment with acid suppressants. Currently, three endoluminal therapies for GERD are approved for use in the western countries. Clinical trials have examined either an endoscopic suturing, injection intervention, or thermal approach in the area of the lower esophageal sphincter. They are found to be useful for the treatment of GERD. However, the reported follow-up periods are short. The risk/benefit profile must be carefully evaluated for each of these interventions for a long-term.

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 48(12), 2763-2771, 2006-12-20 

    一般社団法人 日本消化器内視鏡学会

参考文献:  39件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018815481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ