採血箇所の違いによる血液ガス分析測定値の差 : 9種人工肺による検討

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】体外循環中に動脈血ガス分析を行う場合,採血場所として一般的には人工肺製造各社が推奨する人工肺サンプリングポート(サンプルポート)が用いられている。しかしながら人工肺付属のサンプルポートから採取した血液は,必ずしも人工肺を通過した全血液の平均値を表すものではない可能性がある。我々は,2003年11月から2005年3月までの開心術症例から,体外循環を施行した9種の人工肺,45症例を対象として,サンプルポートと人工肺出口から200mm離れた回路から採取した血液ガス分析測定値の違いの検討を行った。今回検討した9種の人工肺ではさまざまな結果を示し,サンプルポートから採血測定したPO2,PCO2は人工肺出口以後の回路から採取した血液の測定値と差を有する場合が存在し,その程度は製品間で一様ではなかった。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(4), 437-441, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018816103
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ