PCPS・左心バイパスにおける選択的抗トロンビン剤アルガトロバンの使用経験

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 星 利也
    • 聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニアリング部
    • 佐藤 尚
    • 聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニアリング部
    • 大川 修
    • 聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニアリング部
    • 布谷 大輔
    • 聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニアリング部
    • 兼城 悠司
    • 聖マリアンナ医科大学病院 クリニカルエンジニアリング部
    • 村上 浩
    • 聖マリアンナ医科大学病院心臓血管外科

抄録

【要旨】PCPSや左心バイパス時に抗凝固薬にアルガトロバンを使用し,ACT,ドレーン出血量,血小板数,フィブリノーゲン量をヘパリン使用症例と比較検討した。アルガトロバン使用症例でのACTは良好にコントロールできた。また,血小板数,フィブリノーゲン量がヘパリン使用症例より高値を示した。その結果,ドレーン出血量は減少したと考えられる。アルガトロバンはヘパリンに比べ,凝固時間のコントロールは容易であった。凝固作用も十分に得られ,異常出血を来たすことなくPCPSや左心バイパスが施行できた。また,HITに対する対応の可能性が示唆された。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(4), 445-448, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018816117
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ