膜型人工肺の使用経験 : テルモ社製 Capiox RX-15 について

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊地 一智
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院 臨床工学科
    • 砂山 篤志
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院 臨床工学科
    • 佐藤 広樹
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院 臨床工学科
    • 三輪 貴史
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院 臨床工学科
    • 荒道 昭男
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院 臨床工学科
    • 佐藤 真司
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院心臓血管外科
    • 川村 英喜
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院心臓血管外科
    • 馬場 雅人
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院心臓血管外科
    • 佐々木 孝
    • 医療法人サンプラザ新札幌循環器病院心臓血管外科

抄録

【要旨】最大血流量5.0L/minのテルモ社製Capiox RX-15を使用する機会を得たので,充填量,輸血量,換気血流比,FiO2,PaO2,PaCO2について,ソーリン社製D903使用例と比較検討した。Capiox RX-15を使用した症例で,緊急,再手術を除けば輸血使用量は少ない。人工肺単体での充填 量の差115mLの削減が,輸血使用量の削減に効果があると考えられた。酸素化能に関しては,D903の膜面積が0.2m2,最大血流量7.5L/minとともに大きく,換気血流比,FiO2,PaO2,PaCO2それぞれに関して優れていた。しかし,Capiox RX-15が酸素化に問題となるデーターではないと考えられる。膜面積が少ないことによりO2流量やFiO2が高くなるが,成人に対しても十分対応できる人工肺と考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(4), 454-455, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018816142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ