膜型人工肺の検討 : RX-15, OxiaLP, D-705について

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】従来まで,体表面積1.5m2以下の体外循環症例に小口径の中人用回路と組み合わせ,膜型人工肺Dideco社製D-705,JMS社製OxiaLPを使用してきた。今回TERUMO社製CAPIOX RX-15を使用する機会を得たので報告する。各人工肺に対し中人用回路を組み合わせ,総充填量,体外循環条件,血液濃縮器の使用状況,術後出血,圧力損失,ガス交換能,静脈リザーバー性能を比較検討した。総充填 量はRX-15が少なく,圧力損失はD-705>OxiaLP RX-15であった。ガス交換能はD-705が他の人工肺に比べ,10%ほどFiO2を高く維持しなければならない結果であったが,いずれも十分な性能を有していた。またOxiaLPとRX-15はほぼ同等のガス交換性能を有していたが,最大血流量7L/minのOxiaLPは幅広く対応できる利点がある。しかし,RX-15はガス交換膜面積を大きく取ることで,低充填 量人工肺の課題である安定性を取り入れた人工肺であると考える。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(4), 456-459, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018816145
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ