保存的に治療した鶏骨によると推測される食道穿孔の1例 A CASE OF ESOPHAGEAL PERFORATION ATTRIBUTABLE TO A CHICKEN BONE TREATED CONSERVATIVELY

この論文をさがす

著者

    • 宮木 陽 MIYAKI Akira
    • 東京女子医科大学東医療センター外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University Medical Center East
    • 島川 武 SHIMAKAWA Takeshi
    • 東京女子医科大学東医療センター外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University Medical Center East
    • 今野 宗一 KONNO Soichi
    • 東京女子医科大学東医療センター外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University Medical Center East
    • 勝部 隆男 KATSUBE Takao
    • 東京女子医科大学東医療センター外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University Medical Center East
    • 小川 健治 OGAWA Kenji
    • 東京女子医科大学東医療センター外科 Department of Surgery, Tokyo Women's Medical University Medical Center East

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(12), 2824-2828, 2006-12-25 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018817537
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ