ドレーン抜去孔への小腸嵌頓による絞扼性イレウスの1例 A CASE OF STRANGULATED ILEUS DUE TO THE IMPACTED SMALL INTESTINE IN AN OPENING LEFT AFTER REMOVAL OF A DRAIN

この論文をさがす

著者

    • 諏訪 敏之 SUWA Toshiyuki
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine
    • 櫻井 丈 SAKURAI Joe
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine
    • 青木 一浩 AOKI Kazuhiro
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine
    • 榎本 武治 ENOMOTO Takeharu
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine
    • 渡邉 泰治 WATANABE Taiji
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine
    • 大坪 毅人 OTSUBO Takehito
    • 聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科 Department of Gastroenterological and General Surgery, St. Marianna University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(12), 2856-2859, 2006-12-25 

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018817632
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ