伝染性単核球症に合併した脾破裂の1例 A CASE OF SPLENIC RUPTURE WITH INFECTIOUS MONONUCLEOSIS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は30歳,男性.平成17年3月中旬,風邪症状が改善せず,当院内科初診.急性化膿性扁桃炎の診断で治療したが,軽快せず,初診より2日目に再来し,採血検査にて黄疸および肝機能障害を認め,急性肝炎の疑いで入院した.入院2日目の夕方より,左季肋部痛が出現し,翌朝ショックとなった.腹部超音波および腹部CT検査の結果,脾臓破裂による腹腔内出血と診断し,緊急手術を行った.腹腔内には約1,800mlの出血を認めた.出血源はやはり腫大した脾臓で,被膜が破れて出血していた.止血温存は困難と判断し,脾臓を摘出した.病理組織学的にはCD8陽性のTリンパ球が浸潤していた.抗体検査の結果によりEBウイルスの初感染による伝染性単核球症と診断した.伝染性単核球症の合併症の一つに脾破裂があげられるものの,その頻度は0.1~0.5%とされ,非常に稀な例と考えられ,報告した.

A 30-year-old man with flu-like symptoms for two weeks visited our hospital and was medicated. But two days later, his symptoms became worse, and laboratory findings showed marked liver dysfunction. He was then admitted with the diagnosis of acute viral hepatitis, including infectious mononucleosis caused by Epstein-Barr virus (EBV). On the 2nd day after admission, left hypochondralgia occurred, and the next morning, he fell into hypovolemic shock. Ultrasonography and computed tomography revealed intraabdominal hemorrhage due to splenic rupture. An emergency operation was performed and a splenectomy was done. After several days, based on the results of examination for antibody of EBV, we diagnosed him as infectious mononucleosis.<br> Rupture of spleen is a very rare complication of infectious mononucleosis.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67(12), 2946-2949, 2006-12-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018817966
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ