進行期から末期股関節症に対する外反骨切り術の10年以上の長期成績とその限界 : 外反屈曲骨切り術を含む The limitation and long-term results of valgus osteotomy including valgus-flexion osteotomy on advanced and terminal osteoarthritis

この論文をさがす

著者

    • 糸満 盛憲
    • 北里大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kitasato University School of Medicine
    • 内山 勝文
    • 北里大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kitasato University School of Medicine
    • 片野 素昭
    • 北里大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kitasato University School of Medicine
    • 高崎 純孝
    • 北里大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kitasato University School of Medicine
    • 善平 哲夫
    • 北里大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kitasato University School of Medicine

収録刊行物

  • Hip joint  

    Hip joint 32, 79-83, 2006-10-01 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018818406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0000193X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03893634
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ