proximal femoral nail (PFN) を用いた大腿骨転子間骨折の治療成績 Treatment of the trochanteric femoral fractures with proximal femoral nail

この論文をさがす

著者

    • 野村 嘉彦
    • 京都府立与謝の海病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kyoto Prefectural Yosanoumi Hospital
    • 徳川 誠治
    • 京都府立与謝の海病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Kyoto Prefectural Yosanoumi Hospital
    • 新井 祐志
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)
    • 森原 徹
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)
    • 高橋 謙治
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)
    • 藤岡 幹浩
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)
    • 金 郁〓
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)
    • 久保 俊一
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学(整形外科学教室)

収録刊行物

  • Hip joint  

    Hip joint 32, 230-233, 2006-10-01 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018818704
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0000193X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03893634
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ