変形性股関節症の立位と臥位の両股正面X線像における臼蓋および設置カップの前方開角の変化と腰痛 Change of acetabular anteversion in supine and standing anteriorposterior pelvic radiographs and low back pain by total hip arthroplasty for osteroarthritis

この論文をさがす

著者

    • 野寄 浩司
    • 横浜市立大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine
    • 稲葉 裕
    • 横浜市立大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine
    • 荒武 正人
    • 横浜市立大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine
    • 石井 克志
    • 横浜市立大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine
    • 齋藤 知行
    • 横浜市立大学整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Yokohama City University School of Medicine

収録刊行物

  • Hip joint  

    Hip joint 32, 632-635, 2006-10-01 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018819482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0000193X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03893634
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ