四国の中央構造線断層帯の最新活動に伴う横ずれ変位量分布 Surface Offsets Associated with the Most Recent Earthquakes along the Median Tectonic Line Active Fault Zone in Shikoku, Southwest Japan

この論文をさがす

著者

    • 堤 浩之 TSUTSUMI Hiroyuki
    • 京都大学大学院理学研究科地球物理学教室 Department of Geophysics, Graduate School of Science, Kyoto University
    • 後藤 秀昭 GOTO Hideaki
    • 福島大学人間発達文化学類地理学教室 Department of Geography, Faculty of Human Development and Culture, Fukushima University

収録刊行物

  • 地震. 2輯  

    地震. 2輯 59(2), 117-132, 2006-12-15 

    日本地震学会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018823333
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00305741
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00371114
  • NDL 記事登録ID
    8869805
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-199
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ