口蓋前方・側方部骨膜を温存した Push back 法の顎発育への影響 : 頭部X線規格写真での検討 Effect of Preserving the Anterior and Lateral Palatal Periosteum on Facial Growth Following the Pushback Operation : Cephalometric Analysis

この論文をさがす

著者

    • 岡田 厚夫 OKADA Atsuo
    • 山形県立新庄病院形成外科 Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Yamagata Prefectural Shinjo Hospital
    • 平野 哲 HIRANO Akira
    • 国立病院機構仙台医療センター形成外科 Department of Plastic and Reconstructive Surgery, National Hospital Organization Sendai Medical Center
    • 山田 敦 YAMADA Atsusi
    • 東北大学病院形成外科 Department of Plastic and Reconstructive Surgery, Tohoku University Hospital

収録刊行物

  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery  

    日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 26(5), 314-320, 2006-05-20 

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018826031
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1121646X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03894703
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ