天然または人為的な高塩濃度環境に生育するウラギク個体群間の遺伝的変異:保全戦略への示唆 Genetic variation among different populations of Aster tripolium grown on naturally and anthropogenic salt-contaminated habitats : implications for conservation strategies

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Journal of plant research  

    Journal of plant research 120(1), 99-112, 2007-01-01 

    Springer Japan

参考文献:  41件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018828887
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10900218
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09189440
  • NDL 記事登録ID
    8667758
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z53-W405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ