小児の水電解質代謝の特徴, 経口補液療法と重症心身障害児に見られる水電解質異常や栄養学的問題 Characteristics of water and electrolyte metabolism in children, oral rehydration therapy and water and electrolyte abnormalities and nutritional issues in patients with severe mental and physical handicaps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

はじめに小児の体重あたりの必要水分量が成人に比べ多く, 1日の水分代謝が速いなど小児の水電解質代謝の特徴について概説した. 次に, 経口補液療法についてのこれまでの知見につき解説した. 正常においても消化管感染症などの病的状態においても, 浸透圧が200-250mEq/kg/H<SUB>2</SUB>Oの電解質液は消化管からの水電解質の吸収が最も高い. 経口補液療法の有効性は発展途上国において初めに証明され, 先進諸国においても有効性が証明されている (reverse technology transfer). 最後に, 重症心身障害児は自分の意のままに食事や水分を摂取出来ないために脱水症に陥りやすく, 血清Naの異常症を起こしやすいこと, ある特定の食品のみを摂取するためにビタミンB<SUB>12</SUB>や葉酸が欠乏し, 巨赤芽球性貧血を合併すること, 日光照射量の不足などが原因となり, ビタミンD欠乏を生じることなどにつき解説した.

収録刊行物

  • 脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY  

    脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY 39(2), 106-110, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Child Neurology

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018837308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020232X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290831
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ