高齢期を迎える重症心身障害児の諸問題 : 加齢を重ねる重症児(者)の臨床的特徴-合併症と死亡原因の検討 Several subjects and clinical characteristics of aged persons with severe motor and intellectual disabilities : studies of the clinical complications and the causes of death

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過去においては成人まで生きられないといわれていた重症心身障害児 (重症児) たちは医療・介護の改善により生命を全うできる時代となった.高齢重症者を療育する現場において合併症・高齢重症者の臨床的特徴と死因の変遷・高齢化と重症化に焦点をあてて論じた.若齢重症児の合併症・死因が呼吸障害や呼吸器感染症が中心になっているのに比較して, 高齢重症者のそれは低率になっているという特徴がある.重症児が低年齢の時には呼吸器感染症の管理に重点を置き, 高齢化するにつれて消化器系・泌尿器系疾患の健康管理に重点を移していく必要がある.高齢重症者の管理を任されている小児科医は内科・外科等との連携を充分にとって療育にあたることが大切となる.

収録刊行物

  • 脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY  

    脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY 39(2), 121-125, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Child Neurology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018837355
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020232X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290831
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ