低温性酵母 Cystofilobasidium capitatum 由来アルドラーゼの一次構造とその発現制御 Isolation and Transcriptional Regulation of the Fructose 1,6-Bisphosphate Aldolase Gene FBA1 in the Psychrophilic Yeast Cystofilobasidium capitatum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤村 朱喜 FUJIMURA Shuki
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 内野 昌孝 UCHINO Masataka
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科 Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bioscience, Tokyo University of Agriculture
    • 伊藤 尚志 [他] ITO Takashi
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 妙田 貴生 MYODA Takao
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 長岡 俊紀 NAGAOKA Toshinori
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 宮地 竜郎 MIYAJI Tatsuro
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 中川 智行 NAKAGAWA Tomoyuki
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture
    • 高野 克己 TAKANO Katsumi
    • 東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科 Department of Applied Biology and Chemistry, Faculty of Applied Bioscience, Tokyo University of Agriculture
    • 冨塚 登 TOMIZUKA Noboru
    • 東京農業大学生物産業学部食品科学科 Department of Food Science and Technology, Faculty of Bioindustry, Tokyo University of Agriculture

抄録

本研究では, 低温性ペクチン資化性酵母<I>Cystofilobasidium capitatum</I>由来アルドラーゼの一次構造とその発現制御について解析を行った。<I>C. capitatum</I>のアルドラーゼをコードする遺伝子<I>FBAl</I>は360アミノ酸残基をコードしうるORFからなり, その遺伝子産物CcFba1Pはアルドラーゼに特有の保存配列を保持しており, 推定分子量は39,626Daであった。一方, <I>FBAl</I>はグルコースにより若干の高発現がみられるものの, 炭素源や温度, 酸素濃度にはほとんど影響されなかった。さらに, <I>FBAl</I>は定常期において発現の低下がみられるものの, 誘導期および対数増殖期においては安定した発現が観察された。これらの結果から, <I>FBAl</I>は<I>C. capitatum</I>において構成的に発現されるハウスキーピング遺伝子の一つであり, 本遺伝子が食品中におけるこれら低温性酵母の検出の指標に用いることができる可能性を示した。

In this study, we report the primary structure of fructose 1, 6-bisphosphate aldolase encoded by <I>Cystofilobasidium capitatum FBAl</I> (<I>CcFBAl</I>) and the regulation of its gene expression. <I>CcFBAl</I> consists of a 1, 080 bp ORF corresponding to a protein of 360 amino acid residues, and the calculated molecular weight of CcFbalp is 39, 626 Da. The CcFbalp has both aldolase class-II signatures 1 and 2. <I>CcFBAl</I> is expressed at the same level during growth on several different carbon sources, although expression level may be slightly higher on glucose. Transcription of <I>CcFBAl</I> is not influenced by temperature or existence of oxygen, although it was reduced during the stationary phase. We show that CcFbalp is a constitutive enzyme in <I>C. capitatum</I>, and suggest that <I>FBAl</I> could be used as a marker for the detection of pectinolytic psychrophilic yeasts using the PCR method.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 33(1), 9-13, 2007-01-31 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852497
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    8736057
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ