無核シークヮーサーの果実特性とポリメトキシフラボノイド Characteristics and polymethoxylated flavones of seedless shiikuwasa : Citrus depressa Hayata

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

無核シークヮーサー系統 (無核) と現在の主要な栽培系統である'クガニ'の果実特性および果実のPMF含量を分析し, 比較した。9-12月の生育期間において'無核'には種子は存在しなかった。果実の肥大や酸含量の減少から'無核'は'クガニ'に比べ早熟の系統であると考えられ, 糖酸比の上昇から'クガニ'よりも1か月早く果汁の加工に利用できる系統であることが示唆された。一方, 果実のPMF含量を果肉と果皮に分けて分析した結果, 系統の違いにかかわらずPMFは大部分が果皮に存在することが明らかとなった。また, 果皮のPMF含量は'無核'の果汁加工適期 (10月, 11月) では'クガニ'より多いことから, 機能性成分であるPMFを高含有する果汁の新たな原料になり得ることが示唆された。

Shiikuwasa (<I>Citrus depressa</I> Hayata) is one of the citruses cultivated in the main island of Okinawa, Japan, with many varieties reported. Polymethoxylated flavones (PMFs) are characteristic components of shiikuwasa. Their various biological activities have been extensively studied. In this study, the chemical properties and PMFs of the seeded shiikuwasa Kugani and seedless shiikuwasa during their development from September to December in 2003 were investigated. On the basis of the changes in sugar and acid contents during the development of each fruit, it was found that seedless shiikuwasa matured at an early stage compared with Kugani. Moreover, PMFs were found to be contained mostly in the peel tissue of each fruit. The PMF contents of seedless shiikuwasa were higher than those of Kugani from September to November. Therefore, it was suggested that juice with high PMF contents could be extracted from seedless shiikuwasa in the early season of this fruit.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 33(1), 15-20, 2007-01-31 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852509
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    8736092
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ