翻訳開始コドンがTTG優位なアーキアの発見 : 網羅的プロテオーム解析から見えてくること Discovery of an organism with TTG as the most predominant initiation codon : Proteome analysis of an Archaeon

この論文をさがす

著者

    • 山崎 秀司 YAMAZAKI Syuji
    • (独)製品評価技術基盤機構バイオテクノロジー本部ゲノム解析部門遺伝子解析課 Natl. Inst. of Technol. and Evaluation, Dept. of Biotechnol., Genome Analysis Cent., Gene Function Analysis Div.
    • 藤田 信之 FUJITA Nobuyuki
    • (独)製品評価技術基盤機構バイオテクノロジー本部ゲノム解析部門 Natl. Inst. of Technol. and Evaluation, Dept. of Biotechnol., Genome Analysis Cent.

収録刊行物

  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry  

    バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 65(3), 134-136, 2007-03-01 

    バイオインダストリー協会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10028025
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09148981
  • NDL 記事登録ID
    8732841
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-396
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ