高い材料水分が堆肥温度および微生物活性に及ぼす影響 Effect of High Moisture Content on Temperature and Microbial Activity of Composting Dairy Cattle Manure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 佳之 [他] ABE Yoshiyuki
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所 National Institute of Livestock and Grassland Science, National Agriculture and Food Research Organization
    • 本田 善文 HONDA Yoshifumi
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所 National Institute of Livestock and Grassland Science, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

高い材料水分が乳牛ふん堆肥化反応に及ぼす影響を明らかにするために, 堆肥化が可能な材料水分の上限について検討した。堆肥化の初期過程では, 中温性および高温性微生物は37~74%材料で活性化された。76%以上の高水分材料においても50℃以上まで昇温が可能であった。加えて, 堆肥化微生物の比増殖速度は80%以上の高水分材料中でも高く維持され, 乳牛ふんにおいては堆肥材料の水分調整を必要としない堆肥化の可能性を示唆した。

The effect of high moisture content on the composting reactions of dairy cattle manure was investigated to determine the upper limit of moisture content that can promote composting reactions. The results of the study showed that both mesophilic and thermophilic microorganisms were active over a broad range of moisture content (37 to 74%) during the early stage of composting. Even at a moisture level greater than 76%, compost temperature increased to more than 50°C. The specific growth rate of microorganisms was high at a moisture content greater than 80%, suggesting the possibility of high moisture composting without using a bulking agent.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(2), 48-54, 2007-03-01 

    農業機械学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852652
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8734741
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ