操舵トルクを指標としたトラクタ座席-ステアリングハンドル配置適正化の検討 Examination of Seat-Steering Wheel Arrangement by Steering Torque in a Riding Tractor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

乗用トラクタの座席とステアリングハンドルの適正な配置に関して, 操舵トルクを解析指標として, 運転席モデルを用いた実験を行った結果, 以下の知見を得た。1) ステアリングハンドル傾斜角が13.5~27.5°の間では, その値が小さいほど操舵トルクは大きい値を示す傾向が認められ, ステアリングハンドル傾斜角が13.5°の時, 最大値を取った。(ただし, 座席―ステアリングハンドル距離675mm, ステアリングハンドル高310mm) 2) 座席―ステアリングハンドル距離対身長比が36.7%の時, 操舵トルクが最大値を取った。(ただし, ステアリングハンドル傾斜角13.5°, ステアリングハンドル高310mm) 3) ステアリングハンドル高が大きいほど操舵トルクは大きい値を取る傾向が認められ, ステアリングハンドル高対身長比が21.2%の時, 操舵トルクが最大値を取った。(ただし, ステアリングハンドル傾斜角13.5°, 座席―ステアリングハンドル距離625mm)

The proper arrangement of the seat and the steering wheel of a riding tractor was examined in an experiment with a model driver's seat using steering torque as an analytical index. The main results were as follows: 1) The steering torque was high when the steering wheel angle was small between 13.5° and 27.5°. It was maximum when the steering wheel angle was 13.5°. (seat-steering wheel distance 675mm, steering wheel height 310mm) 2) The steering torque was maximum when the ratio of seat-steering wheel distance to driver stature was 36.7%. (steering wheel angle 13.5°, steering wheel height 310mm) 3) The steering torque was high when the steering wheel height was high. It was maximum when the ratio of steering wheel height to driver stature was 21.2%. (steering wheel angle 13.5°, seat-steering wheel distance 625mm)

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(2), 55-59, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852667
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8734751
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ