田畑輪換田における水稲窒素吸収量の空間変動解析 Geostatistical Analysis of Spatial Variability of Paddy Rice Nitrogen in Paddy-Upland Rotational Fields for Extension of Precision Agriculture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

奈良県桜井市の田畑輪換田 (8.6ha) と非田畑輪換田 (1.6ha) において, 幼穂形成期窒素保有量 (<i>N</i><sub>pf</sub>) の空間変動解析を行った。<i>N</i><sub>pf</sub>は, 航空画像から得たGNDVIを用いて算出し, 輪換田において860点, 非輪換田において160点の<i>N</i><sub>pf</sub>を得た。<i>N</i><sub>pf</sub>は強い空間依存性を示し, 輪換田で40~55m, 非輪換田で10~30mの範囲をレンジとして空間依存性を示した。作付体系, 栽培管理, 土地利用の圃場間における均一性が, これらの空間変動に影響を及ぼしていた。水稲への追肥を行う場合の管理単位は, 非輪換田に比較して田畑輪換田で大きくなることが示唆された。

We analyzed the spatial variability of paddy rice nitrogen at the panicle formation stage (<i>N</i><sub>pf</sub>) in paddy-upland rotational field (8.6ha) and non paddy-upland rotational field (1.6ha) in Sakurai, Nara Japan. <i>N</i><sub>pf</sub> was estimated by GNDVI ((R<sub>860</sub>-R<sub>560</sub>)/(R<sub>860</sub>+R<sub>560</sub>)) using aerial photography. The variation of <i>N</i><sub>pf</sub> had a strong spatial dependence with a range distance of 40-55m in paddy-upland rotational field and 10-30m in non paddy-upland rotational field. Our results showed that the stable management unit of Precision Agriculture for top-dressing, which depend on a range distance, in the paddy-upland rotational field was larger than that in the non-paddy-upland rotational field. The uniformity of the cropping system, the cultivation method and the land utilization among fields influenced these spatial dependences.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(2), 69-78, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8734786
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ