北海道十勝地方の畑作・酪農におけるトラクタ運転姿勢 Tractor Driving Position for Crop Growers and Dairy Farmers in Tokachi Region of Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, トラクタの座席および運転環境を改善する目的で行ったトラクタ作業中の運転姿勢に関する調査研究である。各作業中の後方視回数・時間および間隔等を実測・記録した。その結果, 運転者は作業中片手でハンドルを保持し, 斜め右前方を向いた姿勢で運転していることが分かった。後方視は, 播種, 移植作業で作業時間の4~7%, 防除, 収穫作業では30~50%であった。このことから, トラクタ座席や操縦装置は, 無理なく後方視が可能な機能を装備しなければならないことが分かった。

The purpose of this study is to improve operator ergonomics especially for operator seat, and to research actual situations of driving position during farm work. Driving time, frequency of looking back, and operating time during farm work were measured.<br>It was found that the tractor operator holds the steering wheel only with his left hand, and his face and body are facing diagonally to the right while operating in the field. The average rate of looking back is 4% to 7% during seeding and transplanting, and it is 30% to 50% during spraying and harvesting.<br>As a result, it is important to understand these real operating conditions for tractor seat design and seat mounting position so the driver can look back comfortably.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 69(2), 79-86, 2007-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018852721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    8734792
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ