慢性肉芽腫症研究の新展開 Two breakthroughs in CGD studies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 布井 博幸 NUNOI Hiroyuki
    • 宮崎大学医学部生殖発達医学講座小児科学分野 Department of Reproductive and Developmental Medicine Faculty of Medicine University of Miyazaki

抄録

  慢性肉芽腫症の活性酸素産生異常について,これまで,活性酸素を生成するNADPHオキシダーゼが欠損していること,その酵素は食細胞膜のgp91<i><sup>phox</sup></i>, p22<i><sup>phox</sup></i>と細胞質のp67<i><sup>phox</sup></i>, p47<i><sup>phox</sup></i>, p40<i><sup>phox</sup></i>, racp21から構成され,刺激により細胞膜で会合し,活性化されることが明らかにされた.この十年で,以下の2つの大きな発展があった.<br>   一つは2000年に入ってから,この酵素の本体であるgp91<i><sup>phox</sup></i>のホモログであるNOXファミリーや,p67<i><sup>phox</sup></i>, p47<i><sup>phox</sup></i>ホモログも発見されたことである.今後種々の臓器でこの酵素群が活性酸素産生制御に関わり,各臓器の生理作用への影響が検討されることになる.<br>   もう一つは,慢性肉芽腫症の根治療法として骨髄移植が1990年代から開始され,移植技術の進歩と相まって,骨髄非破壊的移植法が用いられ移植成績が向上していることと,これまで期待されていた遺伝子治療の成功が治療前処置の導入により2006年に報告がされたことである.この成功により,慢性肉芽腫症治療法のさらには遺伝性疾患の治療選択を広げようとしている.<br>

  Studies in Chronic Granulomatous Disease showed two breakthroughs during this past decade. First, the discovery of 7 Nox/Duox family proteins, Noxo1and Noxa1 (homologues of gp91<i><sup>phox</sup></i>, p47<i><sup>phox</sup></i> and p67<i><sup>phox</sup></i>) may clarify novel physiological mechanisms for superoxide regulation in various organs, such as the regulation of blood pressure, mucosal defense system in respiratory/digestive tract and nephron. Secondly, the success in bone marrow transplantation and gene therapy for CGD should facilitate treatment for other genetic diseases as well.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(1), 1-10, 2007-02-28 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018857916
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ