下顎骨に発生した Langerhans' cell histiocytosis の1例 A case of Langerhans' cell histiocytosis of the mandible

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Langerhans' cell histiocytosis is an uncommon disease characterized by proliferation of Langerhans' cells. We describe a 24-year-old man with Langerhans' cell histiocytosis in the right side of the mandible. The lesion was present only in the right mandibular bone and was removed by surgical curettage. The patient had an uneventful recovery. There is no evidence of recurrence as of 3 years 6 months of follow-up.

収録刊行物

  • 日本口腔外科学会雑誌  

    日本口腔外科学会雑誌 52(10), 547-550, 2006-10-20 

    Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018859212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215163
  • NDL 記事登録ID
    8551017
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-145
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ