腐生性真菌の深在性真菌症誘発の可能性 Experimentally Induced Infection to Investigate the Infectious Activity of Aspergillus flavus and Several Saprophytic Fungi

この論文をさがす

著者

    • 澤田 拓士 SAWADA Takuo
    • 日本獣医生命科学大学獣医学部・獣医微生物学教室 Department of Veterinary Microbiology, Nippon Veterinary and Life Science University

収録刊行物

  • 防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents  

    防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents 35(3), 139-146, 2007-03-10 

    日本防菌防黴学会

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018861452
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00224774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03855201
  • NDL 記事登録ID
    8739392
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1164
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ