集団の空間的流動性からみたアイヌ集落の持続的な血縁関係 : 1856-1869(安政3-明治2)年の東蝦夷地三石場所を例に Sustainable Blood Kin Relationships among Settlement Dwellers through Fluid Residential Groupings of the Ainu as Hunter-Gatherers in the Mitsuishi District of Hokkaido, Japan, 1856-1869

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

狩猟採集社会の集落でみられる集団の空間的流動性には,紛争処理機能が備わっていると考えられてきた.本研究では,1856~1869(安政3-明治2)年の東蝦夷地三石場所におけるアイヌを対象として,集団の空間的流動性の程度を測定し,流動性の機能を集落内居住者間の血縁親族関係の維持という側面から検討した.その結果,集団の空間的流動性は分裂の流動性と結合の流動性に二分された.後者では流動性が高くとも分裂してこなかった家を含む集落が多く,集団の流動性は紛争処理理論のみでは説明できないことがわかった.集落の構成が流動的に変化していたにもかかわらず,集落内の家と家は親子,兄弟姉妹関係にあることが多く,つねに血縁親族関係を主体として集落が形成されていた.集団の空間的流動性には,同じ家で暮らした親子,兄弟姉妹が結婚を契機に居住集落を異にした後になっても,それぞれが移動することによって再び同じ集落で暮らそうとする,いわば血縁共住機能が備わっていると考えられる.

収録刊行物

  • 地理学評論  

    地理学評論 79(11), 547-565, 2006-10-01 

    日本地理学会

参考文献:  56件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018862380
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11591990
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13479555
  • NDL 記事登録ID
    8532461
  • NDL 雑誌分類
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL 請求記号
    Z8-571
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ