呼吸器感染症

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 笠原 敬
    • 奈良県立医科大学附属病院感染症センター

抄録

呼吸器感染症を惹起する微生物は非常に多彩である. そして基礎疾患や年齢などの生体側の要因により, 発症する感染症はその時間経過や重症度など, さらに多様化する. 一方で呼吸器感染症に使用できる抗微生物薬の種類もその抗菌力や臓器移行性など, 非常に多様化している. 呼吸器感染症における抗菌化学療法では, 微生物, 患者, 抗微生物薬の三者の関係をことさら強く意識する必要がある.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(11), 2220-2224, 2006-11-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018863748
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8580564
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ