レジオネラ肺炎発症後に髄膜炎および小脳性運動失調を呈した1例 Legionnaires' disease asssociated with meningitis and cerebellar ataxia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は54歳, 男性. 悪寒, 発熱, 意識消失にて当院救命救急センター入院. その後急激に呼吸不全が進行し人工呼吸管理となった. レジオネラ肺炎と診断しciprofloxacin (CPFX) を投与. 呼吸状態と共に意識状態も改善した. 当科転科時に項部硬直および小脳症状を認めた. 髄液検査ではリンパ球優位の細胞数増加を認めたが明らかな起因微生物は同定されず, MRI検査では髄膜の増強以外の明らかな局在病変を認めなかった. 神経症状は自然軽快し髄液およびMRI所見も正常化した. これらはレジオネラ肺炎に伴う神経症状と考えられた.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(11), 2289-2291, 2006-11-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018863810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8580672
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ