イオンチャネル異常と不整脈 : QT延長症候群と Brugada 症候群を中心に

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 清水 渉
    • 国立循環器病センター心臓血管内科

抄録

1990年代後半からの分子遺伝学的研究の進歩により, 一部の致死性遺伝性不整脈疾患が心筋イオンチャネル機能や細胞膜蛋白の調節に関係する遺伝子の変異によって発症することが判明し, 「イオンチャネル病」という概念が生まれた. その代表的疾患である先天性QT延長症候群ではすでに10の遺伝子型が同定されており, 遺伝子診断率も50~70%と高い. このため, 特に頻度の多いLQT1, LQT2, LQT3型患者では, 遺伝子型と表現型 (臨床病態) の関連が詳細に検討され, 遺伝子情報が患者の治療や生活指導に還元されている. 一方, 先天性QT延長症候群以外の遺伝性不整脈疾患では, 遺伝子診断率も低く, 遺伝子診断は未だ研究的側面を脱しているとはいいがたい. しかし, Brugada症候群では, Na<sup>+</sup>チャネル遺伝子の<i>SCN5A</i> の変異が報告されており, これによるNa<sup>+</sup>チャネル異常が, 表現型である特徴的な心電図異常や心室細動にどのように関連するかが, 動物実験で明らかとなっている. また最近, <i>SCN5A</i> 上の転写領域に日本人 (アジア人) に特異的に認める遺伝子多型 (ハプロタイプ) が同定され, Brugada症候群の人種差に関連することも報告されている.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(11), 2321-2329, 2006-11-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018863885
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8580791
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ