赤血球の産生と崩壊まで

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

赤血球は, 造血幹細胞を起源にBFU-E, CFU-E, 前赤芽球, 塩基性赤芽球, 多染性赤芽球, 正染性赤芽球といった分化段階を経て, 脱核した後, 成熟型となる. 正常な赤血球の分化, 増殖にはエリスロポエチン等のサイトカインや赤血球特異的転写因子が必須である. 成熟赤血球は酸素運搬に特化した細胞であり, 含有する蛋白質の殆どがヘモグロビンである. 成熟赤血球は, 約120日体内を循環した後, 脾臓などで分解される.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(10), 1983-1987, 2006-10-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018863906
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8545583
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ