腎機能低下を伴う糖尿病患者にビグアナイド薬を使用し, 高度の乳酸アシドーシスを伴ってショック状態が遷延化した1症例 A persistent shock state with severe lactic acidosis after increasing biguanaide to a diabetic patient with renal impairment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ビグアナイドは近年糖尿病患者への効果が再評価されており, わが国でも使用頻度が増加してきている. しかし, 重大な副作用として乳酸アシドーシスが知られている. 症例は77歳, 男性, 腎機能が低下した糖尿病患者に塩酸ブホルミン増量後に著明な乳酸アシドーシスとショック状態を呈して当院へ救急搬送された. 入院後も複数臓器の虚血症状が続発し, 治療に難渋した.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(10), 2096-2098, 2006-10-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018864033
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8545811
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ