カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡を併用した点墨が診断と治療に有用であった小腸 vascular ectasia の1例 A CASE OF HEMORRHAGIC VASCULAR ECTASIA OF THE SMALL INTESTINE, DIAGNOSED AND TREATED BY A COMBINATION OF CAPSULE ENDOSCOPY AND DOUBLE BALLOON ENDOSCOPY

この論文をさがす

著者

    • 尾北 賢治 OKITA Kenji
    • 京都大学 消化器内科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 宮本 心一 MIYAMOTO Shinichi
    • 京都大学 消化器内科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 日下 利広 KUSAKA Toshihiro
    • 京都大学 消化器内科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine
    • 水田 和彦 MIZUTA Kazuhiko
    • 滋賀県立成人病センター 消化器科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Shiga Medical Center for Adults
    • 千葉 勉 CHIBA Tsutomu
    • 京都大学 消化器内科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Medicine, Kyoto University Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 49(2), 190-194, 2007-02-20 

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018864582
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ