小分子化合物で転写因子をつくる : DNA結合部位と転写活性化部位をともにもつ化合物を合成

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 45(4), 232-234, 2007-04-01

    日本農芸化学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    DERVAN P. B.

    Curr. Opin. Chem. Biol. 3, 688, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    TJIAN R

    Cell 77, 5-8, 1994

    被引用文献13件

  • <no title>

    ASADA S.

    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 99, 12747-12752, 2002

    被引用文献4件

  • <no title>

    ASADA S.

    J. Am. Chem. Soc. 125, 4992-4993, 2003

    被引用文献4件

  • <no title>

    SHIMOGAWA H.

    J. Am. Chem. Soc. 126, 3461-3471, 2004

    DOI 被引用文献4件

  • <no title>

    KWON Y.

    J. Am. Chem. Soc. 126, 15940-15941, 2004

    DOI 被引用文献4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018870482
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0453073X
  • NDL 記事登録ID
    8781079
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ