北海道サロマ湖におけるヒメエゾボラのインポセックスと寄生虫感染の発生頻度とそれらの関連性 Incidence of Imposex and Parasite Infection in Neptunea arthritica at Saroma Lagoon and Their Relationship

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

サロマ湖におけるヒメエゾボラのインポセックスと寄生虫感染の発生頻度とそれらの関係について評価した。30.9%のメスにおいてインポセックスが認められ、オスとメスの25.1%が寄生虫に感染していた。感染率については、雌雄間および成熟・未成熟個体間で違いは見られなかった。また、寄生虫感染指数についても、雌雄間で差はなかった(オス:0.079、メス:0.074)。寄生虫感染には季節的パターンは認められなかったが、雌雄ともに、大型個体において感染率が高かった。19.3%のメスにおいて、インポセックスと寄生虫感染が同時に観察された。また、インポセックスの段階が指数1 から2 、3と進行するにつれ、寄生虫感染割合は28.6%から7.4、10.3%と急減した。これらの結果は、過去の研究例と比較して、サロマ湖のヒメエゾボラ個体群はインポセックスから回復し続けていることを示唆し、また、この個体群を回復する上では、寄生虫の感染が最も重要な影響を及ぼすと考えられた。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 55(1), 9-15, 2007-03-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018870907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8755709
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ