カジメ Ecklonia cava 胞子体の生長に及ぼす連続暗条件の影響 Effect of Continuous Dark Condition on the Growth of the Ecklonia cava Sporophyte

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 二村 和視 NIMURA Kazumi
    • 静岡県水産試験場 Shizuoka Prefectural Fisheries Experiment Station, Suruga-Bay Deep Seawater Aquaculture Research Center
    • 高瀬 進 TAKASE Susumu
    • 静岡県水産試験場 Shizuoka Prefectural Fisheries Experiment Station, Suruga-Bay Deep Seawater Aquaculture Research Center

抄録

カジメEcklonia cava成体を用いて、培養下での13、26、70日間の連続暗条件での生長とその後の通常の光周期での回復過程について調べた。その結果、試験開始13または26日間の連続暗条件およびその後の明条件では、試験に用いた計8個体で枯死する個体はなかった。しかし70日間の連続暗条件では、70日目に4個体中1個体、その後99日目にさらに1個体が枯死した。中央葉長は連続暗条件で減少したが、明条件に移した後、増加に転じた。また、介在生長速度は連続暗期中では0.15mm/day以下を示したが、明条件に移した後に増加した。これらの結果から、連続暗条件によりカジメの生長は抑制されるが、1ヶ月程度の低光量でも枯死には至らず、その後速やかに生長することが明らかとなった。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 55(1), 23-27, 2007-03-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018870948
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8755761
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ