水温がクロソイ Sebastes schlegeli の成長と成熟に与える影響 Effect of Rearing Temperature on Growth and Maturation of Black Rockfish Sebastes schlegeli

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中川 雅弘 NAKAGAWA Masahiro
    • 水産総合研究センター五島栽培漁業センター Goto Station, National Center for Stock Enhancement, Fisheries Research Agency

抄録

クロソイの成長と成熟過程に対する水温の影響を調べるために、生後7カ月から4歳まで3つの異なる水温(対照区、12℃区、15℃区)で飼育した。生後10~15カ月の全長は、15℃区>12℃区>対照区の順で有意差が認められたが、それ以降は補償的な成長が観察され、試験区ごとの全長に顕著な差は認められなくなった。また、同一水温の雌雄間の全長を比較した結果、すべての試験区で雌が早く成長し、かつ高水温区ほど早期に雌雄差が現れた。水温を高めることにより雄の早熟を引き起こしたものの、雌には認められなかった。一方、対照区および12℃区では正常に出産したが、15℃区では未受精卵を放出する異常出産が観察された。飼育水温は、クロソイの成長、成熟および出産に大きな影響を与えることが明らかになったが、本研究の水温条件下では、親魚養成に対する低水温期の加温効果は認められなかった。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 55(1), 83-89, 2007-03-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018871153
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8756073
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ