日中伝統医学における新たな生理学・病態学構築の試み Trying to establish new physiology and pathophysiology in Japanese and Chinese traditional medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

調査報告緒言1. 陰陽論1) 概念・特徴2) 漢方医学にどのように取り入れられたか2. 五行論1) 概念・特徴2) 漢方医学にどのように取り入れられたか3. 気・血・津液・精1) 気2) 血3) 津液4) 精4. 五臓1) 肝2) 心3) 脾4) 肺5) 腎結語

収録刊行物

  • 慶應醫學  

    慶應醫學 84(1), 41-54, 2007-03-25 

    慶應医学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875198
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00069296
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03685179
  • NDL 記事登録ID
    8757762
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-131
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ