EBPTの実践に向けて For the Practice of EBPT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木村 貞治 KIMURA TEIJI
    • 信州大学 医学部保健学科理学療法学専攻 Department of Physical Therapy, School of Health Sciences, School of Medicine, Shinshu University

抄録

理学療法における介入方針を立案するための臨床判断の妥当性は,理学療法の介入効果そのものを左右する可能性がある。したがって,従来の経験則基盤型の理学療法から,科学的根拠に基づく理学療法(Evidence-based Physical Therapy,EBPT)へと概念的枠組みの変換を推進していくことが重要となっている。EBPTを実践していくためには,臨床研究による実証報告としてのエビデンスだけでなく,患者の意向や価値観,そして,理学療法士の専門的知識や技能を統合した総合的な臨床判断が重要となる。<br>

The validity of clinical diagnosis for planning of intervention policy in physical therapy may influence the intervention effects itself. Therefore, it is important to promote a conversion conceptual framework from conventional empirical rule-based physical therapy to evidence-based physical therapy (EBPT). To put EBPT into practice, not only evidence of experimental proof by clinical research but patients' intention and values, and total clinical diagnosis which integrates physical therapists' specialized knowledge and skills are important.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 19-26, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875261
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8748790
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ