介護保険における日常生活動作と評価 Activities of Daily Living and Evaluation in Long-Term Care Insurance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

介護保険における日常生活動作とその評価は,退院後の生活を見据えて,機能や能力の低下を予防し,身体的,精神的かつ社会的に最も適した生活を獲得するためのものでなければならない。また,介護サービスの特徴を捉え,その中での理学療法の役割を認識してすすめることも重要となる。<br>

The activities of daily living and its evaluation in long-term care insurance must be made in order to achieve the most appropriate physical, mental and social life for the patient after discharge from hospital and to prevent declining physical function and ability. It is also important to perceive the care service features and progress the therapy recognizing the role of physical therapy in the service.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 27-32, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8748865
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ