脳卒中における機能障害と評価 Impairments and their Assessment in Stroke Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 望月 久 MOCHIZUKI HISASHI
    • 東京都立墨東病院 リハビリテーション科 Department of Rehabilitation, Tokyo Metropolitan Bokutoh Hospital

抄録

脳卒中の機能障害は多岐に渡るが,本稿では脳卒中の中核的機能障害である運動麻痺と痙縮に的を絞り,それらのとらえ方と評価法について検討する。運動麻痺についてはブルンストロームによる片麻痺の回復段階と脳卒中機能障害評価法(Stroke Impairment Assessment Set, SIAS)の麻痺側運動機能評価,痙縮についてはModified Ashworth ScaleとModified Tardieu Scaleを対比して検討する。また,脳卒中患者のバランス能力評価についても筆者らの研究結果も含めながら検討する。 <br>

Impairments resulting from stroke are wide ranging. In this article, I discuss the nature of motor palsy and spasticity, which are the main impairments of stroke patients, and the assessment of them. For the assessment of motor palsy, Brunnstrom's recovery stages and motor function tests in the Stroke Impairment Assessment Set (SIAS) are compared; and for the assessment of spasticity, the Modified Ashworth Scale and the Modified Tardieu Scale are compared. I also discuss the assessment of balance ability in patients with stroke.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 33-38, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8748891
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ