階段降段動作における健常者とACL損傷者との比較 : 関節モーメントおよび筋電図学的考察 Comparison between Normal Subjects and Patients with Anterior Cruciate Ligament Reconstruction (ACLR) during Stair Descent : Discussion of Joint Moment and Electromyographic Activity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 達也 SUZUKI TATSUYA
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科学部 Undergraduate Student, International University of Health and Welfare
    • 波多野 大輔 HATANO DAISUKE
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科学部 Undergraduate Student, International University of Health and Welfare
    • 花山 大知 HANAYAMA TAICHI
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科学部 Undergraduate Student, International University of Health and Welfare
    • 勝平 純司 KATSUHIRA JUNJI
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, International University of Health and Welfare
    • 藤井 菜穂子 FUJII NAOKO
    • 国際医療福祉大学 保健学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, International University of Health and Welfare

抄録

本研究の目的は3名の前十字靭帯損傷者(ACL損傷者)と3名の健常者における膝関節機能の違いを三次元動作分析装置と筋電計を用いた動作分析手法により明らかにすることである。階段降段時の膝関節伸展モーメントについては健常者とACL損傷者で傾向が一致していた。しかし,半腱様筋とヒラメ筋活動に関して健常者とACL損傷者では相違がみられた。半腱様筋の活動に関して比較すると,健常者は立脚後期の活動量が増大しているのに対し,ACL損傷者は立脚初期前半の活動量が増大していた。また,ヒラメ筋の活動量に関して,健常者は立脚後期に対する立脚初期後半の活動量の比率が小さいのに対し,ACL損傷者は立脚後期に対する立脚初期後半の活動量の比率が大きくなった。これらの結果は,半腱様筋とヒラメ筋が損傷したACLを補償していることを示唆した。<br>

The purpose of this study was to examine differences of function at the knee joint between subjects with and without anterior cruciate ligament deficiency (ACLD) during stair descent, using a three dimensional motion analysis system and electromyography (EMG). Knee joint moment of subjects with ACLD showed a similar tendency in subjects without ACLD during stair descent. However, there were differences in EMG activities of the semitendnosus and soleus. Comparing the EMG activity of the semitendnosus between subjects with and without ACLD, the EMG activity in subjects without ACLD increased in the first half of the early stance phase; on the other hand, those in subjects with ACLD increased in the late stance phase. As for the soleus, the EMG activity in subjects without ACLD in the first half of the early stance phase was smaller than that in the late stance phase; however, that of subjects with ACLD showed larger activity in the first half of the early stance phase than in the late stance phase. These results suggest that the semitendnosus and soleus might compensate for the function of ACL during stair descent.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 22(1), 49-54, 2007-02-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018875333
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8749369
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ